つながる×まじわるホテル

某社長室 写真1
某社長室 写真2某社長室 写真3某社長室 写真4某社長室 写真4
某社長室 写真2某社長室 写真2某社長室 写真2某社長室 写真4
某社長室 写真2某社長室 写真2某社長室 写真2某社長室 写真4
サムネイルをクリックすると大きな画像が閲覧できます。

DATA

建設地
鳥取県米子市
建設時期
2009年8月
請負範囲
設計
物件の特徴
新装/宿泊施設
物件の参考サイト
ベイサイドスクエア皆生ホテル

COMMENT

基本コンセプトは来客者と皆生の自然が交わり、そして塔に分かれた各施設が行き来しやすいホテル。
皆生の自然を彩る額縁のようなホテルでありながらも、商業建築において重要である、周囲の風景に馴染みすぎない特徴的な外観を持っています。
外観の素材は右から焼き杉・銅板・大矢石をモチーフにしたもの、白壁作りをモチーフしたなまこ壁となっており、最後のなまこ壁は白と黒の部分を故意に逆転させています。
館内は基本的には和のイメージなのですが複雑な間接照明で演出されていることで地味な印象はなく、贅沢な空間を作り出すことに成功しております。
仕事で来られる方は長時間作業しやすいように客室には小上がりが存在し、小上がりには掘りごたつを採用。掘りごたつを畳に収納することでエキストラユースにも対応できるようにしています。
より細かい設備についてはベイサイドスクエア皆生ホテル中島太郎社長とスクエアプラス木下の対談をご確認ください。

施工実例/その他の施設一覧

その他の施設施工事例一覧