トップページ > 対談 > 対談〜〜目指すのは「同業者にも認められる医院」〜 竹内裕一+木下稔

対談〜〜目指すのは「同業者にも認められる医院」〜 竹内裕一+木下稔

内心、本当に完成するのか心配でした。

全体の進行としては順調だったんでしょうか?

木下稔
いや、大変でしたよ。
お話しできない事情で着工が遅れて。
竹内先生
10月くらいには本当にできるのかと心配になりましたよ。(笑)
木下稔
それでも工事で参加いただいた田中工業さんのがんばりがあって医院完成までこぎつけることができましたね。

そんなことも踏まえて完成目前にしての感想は?

竹内先生
本当によかったですし、これから開業して患者さんやお知り合いが来て「いい医院だね。」と言っていただけるものができたと思うんです。そういう意味でこれからもっと「良かったな」と思う場面が出てくるのではないかと思っています。

対談風景 左:竹内先生

設計者としてはどうでしょうか?

石井室長
やはり自分が設計していくものが形になっていく過程は楽しいですよ。
足場が外れ、植林も植えられ、その姿が完成図に近づくにつれどんどん良くなって・・・。自然と足を運ぶ回数も増えてきます。素晴らしい医院ができたのではないかと思いますね。

竹内先生は医院の個別の部分の気に入っている部分はありますか?

竹内先生
玄関のアプローチから見た医院とか・・・。その他には最初狭いかなと思った僕の部屋。(笑)使うごとに慣れてきましたね。当初の計画では別の場所だったんですが今の位置でよかったと思います。

男の小部屋という印象でしょうか?!

竹内先生
程良い大きさということですね。
木下稔
実際に居る時間が長い空間ですから、しっくりくるというのは重要ですね。

next.時間をかけて診察したいという想いを形へ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7

竹内 裕一 写真

たけうち耳鼻いんこう科 院長 竹内 裕一

医療水準の高いと言われる地元鳥取の病院で耳鼻咽喉科の医師として十分なキャリアを積み、2009年12月に開業。一見冷静沈着でもの静かな方と思いきや、インタビューは笑いの絶えない、楽しい雰囲気で行われました。医院の外観同様、洗練されているが決して冷たい印象ではなく、やさしさと誠実さを持った先生です。

参考画像

  • たけうち耳鼻いんこう科 植林
  • たけうち耳鼻いんこう科 玄関のアプローチ
  • たけうち耳鼻いんこう科 玄関のアプローチ