トップページ > 対談 > 対談〜完成後のその先を見つめるホテル〜 中島太郎+木下稔

対談〜完成後のその先を見つめるホテル〜 中島太郎+木下稔

若旦那に託された老舗旅館の未来。

まず、中島社長のキャリアからお伺いします。なぜ旅館業を始められたのでしょうか?

中島社長
学校を卒業後、1年半ほど北海道で観光系の企業に就職したんですが、旅館『海潮園』の主である父(先代)の体調不良をきっかけに家業を継いだのが始まりです。

すぐに旅館業に慣れたのでしょうか?

中島社長
いやいや、とんでもない。
北海道にいた時期は週休二日制で時間もありましたから経理学校にも行って経理の勉強もしていたので、帰ってすぐに決算書を確認すると目も当てられない状態だったんです。これは大変だと思いました。
木下稔
いくつの時でしたっけ?
中島社長
24歳の時ですね。
父には経営よりむしろ旅館の木のかおりがして作家が籠るような情緒を大切にする人でした。

その代わり経営状態は悪かったんです。経営状態が悪いから修繕もできず、余計に客足が遠のく、そういう状況でしたから、両親に代わって資金の関係は自分が全部取り仕切ることになっていきます。
木下稔
24歳というと平成元年くらいでバブルの絶頂期ですね。
中島社長
そうです。
本業がおもわしくなかったので料理の方に活路を見出しました。数年料理の方でなんとか経営し、その後とある団体様の長期滞在をきっかけに経営は改善されていきました。

余談ですがこの時期は調理人が安定しませんでした。
景気のいい時はいい職人さんは引き抜きも激しく、ウチのような経営状態だとなかなか調理人が定着しないんです。仕方ないので2年半ほど自分が調理師免許を取って調理場に立ちました。(笑)
もう忙しくて忙しくて死ぬかと思いましたが、結果的に人件費削減につながり旅館が立ち直っていくきっかけにもなったんでしょうね。

next.旅館の復活、そして新たな挑戦、ホテル建設へ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7

ベイサイドスクエア皆生ホテル 代表取締役社長 中島 太郎

ベイサイドスクエア皆生ホテル 代表取締役社長 中島 太郎

地元皆生で育ち、北海道で観光系の会社に就職。観光とともに経理についても学ぶ。
先代の体調不良を機に皆生でも老舗の旅館「海潮園」を継ぐも、その昔堅気の経営状態は目を覆うものがあったという。しかし、中島氏の経営判断と自ら調理場にまで立つ行動力で業績を回復させる。

その手腕が評価され、皆生の一等地の宿泊施設の再生プロジェクトの管理という重責を担う。ホテル建設までには様々な困難が中島氏を襲うがまさに血を流す覚悟を持って仕事にあたってくれた周囲の助けと一度道を決めれば、迷いなく進む中島社長の推進力を持って、皆生温泉でも独特の存在感を放つベイサイドスクエア皆生ホテルを建設、営業を始めた現在も冷静な分析と一度決めたら迷わず突き進む強い意志を持って経営を取り仕切る。

関連サイト

参考画像

  • ベイサイドスクエア参考画像1

ベイサイドスクエア皆生ホテル(鳥取県米子市)

ベイサイドスクエア皆生ホテル(鳥取県米子市)ベイサイドスクエア皆生ホテル 公式サイト

日本の神話が根付く山陰・鳥取。
古来から交通の要所として、様々な文化が行きかった米子にひときわ目出すホテル『ベイサイドスクエア皆生ホテル』。
複雑な間接照明と真新しい館内が持つ雰囲気はとても贅沢。
中島社長がこだわられた客室内は
ビジネスで来られた方、ファミリーで来られた方、それぞれが
ベイサイドスクエア皆生ホテルでの滞在を楽しんでいただけるような
工夫がなされています。
ホテルの裏はすぐに海という好条件の立地。
ペットも宿泊可能で、それでいてリーズナブルな価格設定。
大山(だいせん)など周辺には米子の自然が満載です。是非一度足をお運びください。